【お金が必要なのにどこからも借りれない】人にも確実融資


すぐにでもお金を準備しなくちゃいけないのにどうしても足らないというときどうしたらいいんだ!?

  • 生活費が足りなくて家賃滞納している
  • フリーターで生活費も保証もない
  • どんなにかき集めても全然足りない

収入が少なかったり、借金をしようにもすでに借金をしていたり、返済の保証がないと判断されると、なかなか新たに借金をすることは難しいですよね。

無審査の消費者金融もありますが、それはそれで怖いので、手を出しづらいということもあると思います。

そういった場合は、無審査ではありませんが、審査が甘いというか独自の審査基準で運用している消費者金融を選ぶとよいかもしれませんね。(もちろん法的にも問題のない消費者金融ですよ。)

中には、知人に借りれないかなと考えている方もいるかもしれませんが、実際「お金を貸して」と言われた知人はどういう風に思っているでしょう。

以下、OKWAVEで見つけた質問です。

女にお金を借りてくる男ってどう思いますか??
その人は好きな人なんですけど、月終わりなんかに携帯がとまってしまうけん2万かしてくれんか??ってこーゆうことをたまにいわれてかしてます。ちゃんと返してはもらっているんですけど、これって普通ですか??
あたしは本当に仲の良い親友とかは困ったときはお互いさまって思ってるから貸してあげたりとかたまにするんですけど、なんか親友の時とは違って、いつもへこみながら貸してしまいます。こんな気持ちになるぐらいだったらかさないほうがいいんですかね??それとも普通の事ですか??他の方の意見を聞きたいのでお願いします(><)

出典:OKWAVE

この場合、好きな人ってこともあって、好きな人だからこそ「だらしないのが嫌」って思ってしまっているのかもしれませんが、そうでなくても「あ~この人お金に困ってるんだね。大変だね。」と心の底で見下されてたりするかもしれません。

もちろん、そういう人ばかりではないかもしれませんが、たいていの場合、口に出さなくてもどっかにそんな気持ちを持っているものです。

そうなってくると、やはり消費者金融でとなってくるわけですが、「消費者金融」と聞くとドラマや映画の印象が大きいので「無理な取り立てがあり、怖い」とか「どんなにお金が必要な時でも消費者金融から借りてはいけない」と思ってしまうこともあるかもしれませんね。

「消費者金融=ヤミ金」というイメージなんですかね。

今なんかは、銀行なんかも個人にお金を貸してくれますし、銀行も立派な消費者金融なのでお間違え無く。

以下は、実際これまでに借金経験がある方たちの感想です。

体験談
株取引に失敗して光熱費が払えない状態だったので、友達にお金を借りて借金する形となりました。借金したお金で当分の光熱費や生活に関するお金を確保できたので、その間に暮らしを立て直し元の状況に戻ることが出来ました。光熱費が払えない状態だったら、家を出ていかなくてはいけなかったので、あの時思い切って借金して良かったです。
体験談
アルバイトを辞め、3ヶ月間収入がない状態で友人や家族に少額ですが借金をしていました。毎月少額づつですが借金は増えていき、返済を後回しにしてしまうこともありました。しかし、信用を失いかけましたが、そこで重要なことに気がつき、第一に返済をすることを考え、半年ほどかかりましたが返済をすることができました。心も曇りかけ、物事にやる気が起こらないことが返済中は多かったですが、肩の荷もおり、頑張ろうという姿勢も生まれました。
体験談
借金をしたことで利息分まで返済しなければいけなくなりました。しかし、借金を返済するために、仕事を頑張ろうと思えたことは結果的に良かったと思います。そのおかげで好きな仕事で収入を得られるようになったことで、今までのように嫌な仕事をガマンしてやらなくても済むようになりました。
体験談
二十歳の頃に突然、両親が離婚。家を出る資金を稼ぐ時間もないまま実家を出ました。住所だけはその時まだ置いていたので、一人暮らしの初期費用代だけを借金しました。無事に家を確保できて仕事も安定し、きちんと完済しました。あの時は本当に借金できて助かったと思います。

ぜひ、借金のイメージが変わる生活を送ってください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ