【お金がないのにどこからも借りれない】生活から抜け出す方法


「お金がないと生きていけない」その通りだと思います。最悪、負のループに迷い込んで大変なことになってしまうことも。

  • バイト先までの交通費もない⇒バイトに行く気力さえなくなる
  • 部屋も借りれずホームレス状態または友人宅に居候⇒あらたに働こうにも見つけづらくなる
  • 食事も取らなれない⇒何もできなくなる

かと言って、家族や友人にはお金を借りたくない、お金がないことを知られたくない。

消費者金融で借りるのもなんだか怖い。

心情的なところは置いといて、誰から借りたとしても返さないといけませんし、きちんと返せば信用を失うことはありません。

間違っても借りるべきではないようなところから借金したり、生活保護を受ければなんとかなるんじゃないかなんてことは考えてはいけません。

それなりの理由がない限り、他人様の納めた税金で生活しようだなんてそれこそあなたの信用問題です。

働くことができるのであれば、それなりの行動を起こしましょう。無茶なところでお金を借りたりさえしなければ、いずれ返済することはできます。

ただ、働くための準備が必要なのであれば、働き始めてからの給料で必ず返済するんだという気持ちで借金すればいいのです。

「必ず返済するんだ」「返済してしまって普通の生活取り戻すんだ」とやっている内に返済は終わっているはずです。

もちろんどれくらいの期間で返せる額なのかどうか月々の返済額に無理がないかなどは、考慮する必要はありますよ。

もしクレジットカードを持っているのであれば、クレジットカードでの買い物の請求は翌月ですし、翌月に支払えれば、利息もありません。利息がついたとしてもキャッシングよりも少なく済むかもしれないのでクレジットカードを利用するのもいいかもしれません。

また、いきなり大きな額を借りるのではなく、短期間で返せるような少ない金額を数回に分けれるように考えるのも良いかもしれません。

実際にお金を借りるのは嫌なものですが、お金がないままズルズルといくよりも、少額でも借りてそれを機に方向転換できるようにするのもありではないでしょうか。

以下、借金することで生活を取り戻せた方の体験談です。

体験談
借金はちょっと危険性を感じましたが、お金のマイナスのところも経験でき、それはそれで1つの経験ですから、よかったと思います。負の体験は正の体験にもつながりますから。
体験談
目先の問題が解決でき、計画的に問題を解決できる道筋ができたので助かりました。これからしっかり計画的に返済していかなければいけないという身が引き締まる思いの方が強かったです。
体験談
借金はあまりしたくなかったですが、実の親が私の貯金や借金を重ねている事実が判明しました。親戚に事実を話して本当にお金に困っていたので、親の借金を一時肩代わりしてもらえました。生きた心地がしないくらい辛かったですが、一時心の荷がおりて安心しました。
体験談
給料が下がり生活費やさまざまな支払いができなくなり、借金をするという選択をしました。借金をした時にはすごく罪悪感のようなものに心が支配されました。これからの生活をどうしようかと思いましたが、今はその事があったから頑張れるというような気持ちになっています。
体験談
「今は無いけど、必ず返す。」という信念の元、過去に借金しました。その時どうしても必要で、次の月から大きく必要なお金はないから、コツコツ返そう…とその時は思いました。 上手くは行かず、払えない月はまた借りて返す…という苦しい状況もありましたが、現在は完済でき生活も前のように送れるようになり安心しています。
体験談
どうしてもまとまったお金が急に必要になり、知人や家族から借りることも考えましたが恥ずかしい思いと言いにくい気持ちがあり借金することを決めました。結果的にはまとまったお金を準備することができ、自分がしたかったこともできたの満足しています。

ぜひ、借金のイメージが変わる生活を送ってください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ