【どこからもお金が借りれない】審査が甘い消費者金融狙い撃ち


生きていくには、お金が必要です。お金がないことで負のループに迷い込んで大変なことになってしまうことも。

  • 必要なときにお金がない
  • 家にあるものを売ってお金をかき集めても全然足りない
  • バイトの面接に受かっても交通費がなくて通えない

かと言って、家族や友人にはお金を借りたくない、お金がないことを知られたくない。

借金することが一番いい方法とは限りませんが、それでも現状を切り抜けて新しい生活をつかむ第一歩になる可能性は大きく秘めています。

無職だったりすでに借金があると、さらにお金を借りることなんかできるわけないと思うかもしれませんが、お金がないからこそ必要なんですよね。

例えば、銀行のカードローンなど総量規制の対象外となり、すでに借金が年収の1/3あっても借りることが出来たりします。

いずれにしてもあなたの生活が懸かっていて、バイトしてバイト代が入るのを待つなんて悠長なことを言っていられないのであれば、融資可能なところを見つけるしかありません。

さすがに、無職であったり、すでに借金をしていると難しいことに変わりありませんが、中には無審査で即日融資してくれる消費者金融はあります。

消費者金融でとなってくるわけですが、「消費者金融=ヤミ金」というイメージを持たれている方もいます。

ドラマや映画にでてくる「無理な取り立てがあり、怖い」とか「どんなにお金が必要な時でも消費者金融から借りてはいけない」といったイメージですね。

消費者金融とは、そういったものばかりではありません。いまや、銀行だって消費者金融をやってますからね。

銀行がやっているような大手の消費者金融では難しくても、中小の消費者金融は、独自の審査方式を用いていたりするので、大手の消費者金融で融資を受けれなかったという場合でも中小の消費者金融であれば、可能性があります。

また、小さな額であれば、無審査で融資を受けれる場合もありますので、まずは探してみましょう。

また、生活の助けになる分だけ、必要最低限に抑え、いきなり大きな額を借りるのではなく、短期間で返せるような少ない金額を数回に分けて借りることで、精神的な不安も小さくするようにしましょう。

でないと、借金が借金を生むなんてことになり大変なことになります。

それに、借りたお金はいずれ必ず返さないといけません。きちんと返せると判断できる範囲で借りましょう。

借金してパチンコで返せばいいやみたいなのは絶対ダメですからね。それこそ身を滅ぼします。

ぜひぜひ、正しいお金の借り方をして、生活を立て直しましょう!

実際に借金を経験された方、お金を用意するために借金という選択肢を選んだ方の声です。

体験談
手元にお金が無く両親にも無理が言えなくて困っていました。昔はお金を借りるのは後ろめたい感じがしましたが、今は簡単にカード会社等で簡単に借入することが出来るので迷わず手続きを行いました。簡単に借入ができるものだと感心しました。
体験談
新しくお金を稼ぐ方法として、民泊を始めようと思いました。しかし初期投資で、家具などを揃えなければいけなかったため、お金を借金をしてでも、お金を借りました。借金した甲斐があり、今は借りたお金を返済し副業として運営してます。
体験談
就職後の多額のリターンを見据えて、大学時点において借金をして投資をすることは意味のあることだと考えました。また、借金という足かせがあることによって、大学時点できちんと学習しなければならないという規律が生まれます。
体験談
会社の借入金をすることによって、会社の経営に潤いがあり、余裕もできたことで精神的な安定が得られました。次の仕事につなげる大事な資金源になり、将来が広がる可能性を作ることができました。

ぜひ、借金のイメージが変わる生活を送ってください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ