【お金どこからも誰からも借りれない】無審査消費者金融を試してみよう


すぐにでもお金を準備しなくちゃいけない。でも…

  • ブラックリストに登録されている
  • フリーターで生活費も保証もない
  • 借金し過ぎで外を出歩けない

親にも打ち明けづらいし、知人から借りるなんてこともしたくない。

親に言うと心配されそうだし、知人に借りるなんてことしたら、一生ネタにされそうで嫌ですもんね。

となると残りは消費者金融だけ。消費者金融から借りるとなると確かに厳しいような気もしますが、資してもらえる可能性がないとは限りません。

たしかにお金を貸してくれる消費者金融を見つけるのは大変かもしれませんし、それなりの労力は必要かもしれませんが、その労力に見合う結果は見つけることができます。

ただ、間違った借り方をすると本当に大変なことになるので、それだけは気を付けて!

働くための準備が必要なのであれば、働き始めてからの給料で必ず返済するんだという気持ちで借金すればいいのです。

「必ず返済するんだ」「返済してしまって普通の生活取り戻すんだ」とやっている内に返済は終わっているはずです。

利息がついたとしてもキャッシングよりも少なく済むかもしれないのでクレジットカードを利用するのもいいかもしれません。

無職や借金ありでも申し込みできるクレジットカードなんかだとポイントが付かないなんてこともありますが、ポイントをためることが目的ではありませんし、お金を借りることこそが目的なので気にする必要はありません。

もしすでにクレジットカードを持っているのであれば、そのカードを有効活用しましょう。

クレジットカードでの買い物の請求は翌月ですし、翌月に支払えれば利息もありません。

今の時代、インターネットで何でも見つけることができます。

移動手段なんて必要ありませんし、外に出る必要すらありません。

実際にお金を借りるのは嫌なものですが、お金がないままズルズルといくよりも、少額でも借りてそれを機に方向転換できるようにするのもありではないでしょうか。

実際に借金を経験された方、お金を用意するために借金という選択肢を選んだ方の声です。

体験談
収入が少ない時期が長いこと続いており、やむをえず借金をすることになりました。しかし、借金のおかげで一応普通の生活をすることができました。最終的には少しずつ返して数年で返済することができましたが、借金のおかげで生活が破たんすることなく生きていくことができました。
体験談
二十歳の頃に突然、両親が離婚。家を出る資金を稼ぐ時間もないまま実家を出ました。住所だけはその時まだ置いていたので、一人暮らしの初期費用代だけを借金しました。無事に家を確保できて仕事も安定し、きちんと完済しました。あの時は本当に借金できて助かったと思います。
体験談
給料が下がり生活費やさまざまな支払いができなくなり、借金をするという選択をしました。借金をした時にはすごく罪悪感のようなものに心が支配されました。これからの生活をどうしようかと思いましたが、今はその事があったから頑張れるというような気持ちになっています。
体験談
借金はあまりしたくなかったですが、実の親が私の貯金や借金を重ねている事実が判明しました。親戚に事実を話して本当にお金に困っていたので、親の借金を一時肩代わりしてもらえました。生きた心地がしないくらい辛かったですが、一時心の荷がおりて安心しました。
体験談
家族のため、自分のため、よりよい環境を作り上げるために、どうしてもお金が必要だったので借金しました。お金を借りるという行為は好きではありませんが、まとまったお金がない以上仕方がないと思っています。頑張るしかない、やるしかない、ただそれだけです。

ぜひ、借金のイメージが変わる生活を送ってください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ