【もう本当にお金は借りれない】親にも友人に頼れないときの消費者金融様


お金に余裕がなくて生活もままならない。

  • 食事も取らなれない
  • 家賃滞納も滞納していて今にも追い出されそう
  • 部屋も借りれずホームレス状態または友人宅に居候

無職を脱するために努力しようにも、バイトの面接を受けるどころか普段の生活もままなりませんし、夜も眠れず気分が落ち込み家に引きこもるような生活。不安で仕方ありませんよね。

お金がないなら借りるしかありませんが、なかなかよく聞く大手の消費者金融では難しいかもしれません。

総量規制という法律によって、消費者金融では、年収のおよそ30%を超える融資を受けることができないといったこともあります。

それに借金情報は各消費者金融で共有していますから、もしあなたがすでに借金をしているという場合、嘘をついても必ずばれます。

そんなときは、中小の消費者金融のほうが審査が甘かったり、消費者金融側の都合によるなんてこともあるかもしれません。

消費者金融はお金を貸すことが仕事ですからね。どこでも絶対に無理ということもないと思います。

とは言っても、お金を貸してくれるのであれば、どこでもいいかというと、そういうわけではありませんよ。

また、消費者金融系のクレジットカードであれば、他のクレジットカードに比べて審査が甘いというようなこともあります。

もちろんどれくらいの期間で返せる額なのかどうか月々の返済額に無理がないかなどは、考慮する必要はありますよ。

実際に借金を経験された方、お金を用意するために借金という選択肢を選んだ方の声です。

体験談
フリーで美容の仕事をしていた時、運転資金の工面が大変でした。借金は大抵、母親からか金融機関からでした。母親に借金を言い出す時のドキドキは今でも忘れられません。また、金融機関からの融資承認の連絡を待つ時間は、いつも生きた心地がしませんでした。その分、なんとか借金ができて大変な時期を乗り越えられた時は、ほっと一安心。山をひとつ乗り越え、下山したような心境になったものです。
体験談
株取引に失敗して光熱費が払えない状態だったので、友達にお金を借りて借金する形となりました。借金したお金で当分の光熱費や生活に関するお金を確保できたので、その間に暮らしを立て直し元の状況に戻ることが出来ました。光熱費が払えない状態だったら、家を出ていかなくてはいけなかったので、あの時思い切って借金して良かったです。
体験談
私は奨学金を利用して音大に入りました。奨学金は借金なので、周りの反応「そこまでして・・・」と否定的でした。しかし、借金をしてでも入学した大学なので、必死に勉強しました。それこそ遊ぶ暇もないくらいバイトと学校の往復でした。現在は楽器奏者として働くことができ、あの時借金してでも頑張って良かったなと思います。
体験談
「今は無いけど、必ず返す。」という信念の元、過去に借金しました。その時どうしても必要で、次の月から大きく必要なお金はないから、コツコツ返そう…とその時は思いました。 上手くは行かず、払えない月はまた借りて返す…という苦しい状況もありましたが、現在は完済でき生活も前のように送れるようになり安心しています。
体験談
給料が下がってしまい、何かしらの副業をしなければいけないと考えていましたが、すぐには対応できず日々の生活や支払いのために借金をしました。借金をした時はどうしようかと思いましたが、生活できたこと支払いがちゃんとできたことは良かったです。また、借金があることで頑張らなければならないという気持ちになれました。
体験談
結婚指輪を購入する際にお金が足りず、20万の借金をしました。借金をしたことがなかったので、お金を引き出した時はとても複雑になったのを覚えております。しかし、今は借金も返済しいい指輪を買えたことに良い借金をしたと感じております。また高価でいい買い物の際は借金をする選択もいいのかなと感じました。

ぜひ、借金のイメージが変わる生活を送ってください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ